【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2012年01月21日

【メモ】シチュエーションコメディにカメラワーク演出

【メモ・備忘録】
・シチュエーションコメディにカメラワークという概念を導入する
・舞台上の場所の定義からも自由になる。「舞台上のこの部分を、お話上のここと定める」ことからの解放。
・舞台に中心となるモノを定め、それを基準に据えて観客の視点を様々な方向にしたり、フォーカスしたり
・舞台上にグリッドのみ書く
・中止となるモノはテーマ的な中心のモチーフ?
・それってシチュエーションコメディに限定しなければ普通のことでは?
・それをやることで、喜劇の表現として、笑わせる為に有効か?
・元来は俯瞰で、神の目線で進行するものに、カメラワークという主観を持ち込む。それの作品的な意味はあるのか?
posted by 冨坂 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇作あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック